Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:自殺にまつわる話一覧

707 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/12/01 21:24
姉は今妊娠中なのですが、結婚前まで勤めていた職場に、とても仲のいい友達がいました。
その人はYさんといって、明るくてきれいで、誰にでも好かれるタイプの女性でした。

ある年の2月。姉とYさんは、一緒にバレンタインのチョコレートを買いに行きました。
姉には当時彼(今のご主人)がいて、その人のための本命チョコと、職場で配るための義理チョコをいくつか買いました。
そして、Yさんの買ったチョコを見ると、義理チョコの中に一つだけ高価なチョコが混ざっていました。
Yさんは普段彼氏がいないと言っていたので、姉は「Yちゃん、それ本命チョコ?」と聞きました。
するとYさんは頷き、まだつきあってはいないけど、好きな人がいる。この機会に告白するつもりだと答えました。
姉は「そうなの!頑張ってね!」と心から応援し、Yさんも嬉しそうでした。

友チョコ

友チョコの続きを読む

814 :その1:02/12/05 17:12
私の友人(M君)で結構霊感があるというやつがいるのですが、そいつから聞いたとても不思議な話です。

僕たちの住んでいる駅前には、大きな団地が並んでおり、
M君は駅を利用する行き帰りは、いつもその団地内を突っ切っていました。

ある日、家に帰ろうと、いつもどおり団地を突っ切って歩いていました。
その日は仕事も残っており、普段より足早に家路に向かったそうです。
いつもは子供が遊んでいたり、買い物帰りの主婦で、比較的この近辺ではにぎわっている場所ですが、
夜もだいぶ更けていたということもあり、辺りはあまり人影は見られなかったそうです。

1号棟、2号棟を過ぎた後、砂場とベンチとブランコしかない小さな公園に差し掛かると、チラッと人影が見えました。
こんな夜遅くに何してんだろうと、遠目から目をからしてみると、それは女性の首吊り死体だったそうです。

風景画
風景画の続きを読む

625 :すげー長いっす:03/01/27 23:25
それは、私が一人暮らしを始めて3日目のことでした。

その日、私は仕事がうまくいき、お客さんと遅くまで繁華街で呑んでいました。
私の借りたマンションは、駅から徒歩2分という立地条件の良さで、
遅くまで呑んでいても大丈夫♪という気軽さも手伝って、いつもよりもゆっくり呑んでいましたが、
何とか最終に間に合いました。

主人を返して

主人を返しての続きを読む

873 :長文です。スマソ:03/02/07 18:52
小学校のころ、俺のクラスにユキオ(どんな漢字かは忘れた)っていう奴が転校してきた。
小柄でハーフっぽい顔で、どことなくオドオドした感じの奴だった。
ユキオには両親がいなくて、爺ちゃん婆ちゃんと一緒に暮らしていた。
その辺の事情を先生は教えてくれなかったが、ユキオ本人から聞いた。

ユキオ

ユキオの続きを読む

236 :長文スミマセン1/8:03/02/14 17:18
私はずっと母親と二人で暮らしてきた。
父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。
祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。
それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってからのことだった。

いつ頃のものかはわからないが、姉がいた記憶がある。
夢のようにかすかな記憶なので、本当のものなのかはわからない。
ただ、小さい頃、母親にそのことを話すと、なぜか酷く叱られた。

黒い影

黒い影の続きを読む

ページトップへ戻る