Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:胸糞悪い話一覧

会津若松母親殺害事件

2007年5月15日に福島県会津若松市で発生した少年による母親殺害事件。


事件の経緯
2007年5月15日午前7時ごろ、福島県会津若松市の会津若松署で当時17歳の同市の県立高校3年の男子生徒が「母親を殺害しました」と言って自首する。少年は切断された女性の頭部を通学用の黒い布製ショルダーバッグに入れて持ってきていた。その際応対した女性警官は生首と目が合い卒倒して医務室に運び込まれたという。署員が少年の自宅アパートに駆けつけたところ、布団の上で母親が頭部を切断されて死んでおり、同署は少年を殺人容疑で緊急逮捕する。翌5月16日、殺人と死体損壊の疑いで少年を送検した。

少年は5月15日午前1時30分ごろ寝ている母親を包丁で刺し、のこぎりで首を切断した。また、右腕も肩付近からのこぎりで切断した。その後、インターネットカフェで夜を明かす。そこで米人気アーティストビースティ・ボーイズのDVDを見ている。その後、6時20分ごろ携帯電話でタクシーを予約し、6時50分ごろタクシーに乗って警察署に乗りつけた。タクシーの後部座席にもバッグからもれたと思われる血が付着していた。

【過去ログ】母親殺してきた

会津若松母親殺害事件の続きを読む

1 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:02:49.99 ID:zTcKbhLt
「なんで・・・なんで・・・」ってヒーヒー言ってたよ( ´,_ゝ`)クックック・・・( ´∀`)フハハハハ・・・
(  ゚∀゚)ハァーハッハッハッハ!!

8 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:05:56.34 ID:esPdn3m9
ほんとじゃなくても警察来るよ

9 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:06:09.74 ID:HixF6o64
>>1
真偽は別にして、ネタでもそういうことを言う奴って頭おかしいと思う。

21 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:10:08.87 ID:kfPxNFV6
とうとう2ちゃんから逮捕者が・・・

22 :名無しステーション :2007/05/14(月) 21:10:46.76 ID:irtDex12
母の日っていつ?

【過去ログ】母親殺してきた

母親殺してきた(´・ω・`)の続きを読む

622 :1/7:03/02/23 01:50
俺が高校の頃に見た、かなり鮮明で怖かった夢。

俺は学校から帰る途中だった。
その頃かなりの反抗期で、親、いや、家族全員が俺にとって邪魔者という感じだったのだ。
母はいつもおせっかいがうるさくて、何よりしつこい。弟も弟でウザい。
父はまだ何も言わない方なのだが、母がいる時だけに限って厳しくなる。
そんな家族に俺はだんだん嫌気がさしてきたのだ。

そして家に帰る。
「おかえりなさい。ご飯できてるわよ」
「いらねーよ」
そう言って俺は部屋にこもった。いつもの事だ。イライラし過ぎて腹も減らない。
俺はベッドに入り、一人憂鬱になっていた。

反抗期
反抗期の続きを読む

350 :本当にあった怖い名無し:2007/01/16(火) 12:42:40 ID:/kWWBoHz0
とある、ヨーロッパの国に留学してた時の話を。

まぁ言葉もままなら無い頃、よく日本人の友達を家に呼んで飲んでたんだが。
俺の家は屋根裏で、大き目の丸窓から地下鉄の出口が見える。
エスカレーターだけでモロに出口専用なのだが、怖いのは、たまに夜中過ぎに意味もなく動き始めること。
夜中なもんだから車どおりもなく、音が良く響いて「ブーン」ってなるんだが、これが怖い。
たまに丸窓から覗いて確かめるんだが、これが誰もいない。

まぁそんなことがたまに起こる程度だった。

エスカレーターに乗っている母娘
エスカレーターに乗っている母娘の続きを読む

866 :1:2008/05/22(木) 20:13:26 ID:IUcgnRkm0
私は大変なおばあちゃんっ子で、中学になってもよく祖母の家に遊びに行っていました。
父方の祖母なのですが、父親は私が幼いころに不慮の事故で死去していました。
祖父を早くに亡くした祖母は、唯一の血縁者だと言って、私をとても可愛がってくれました。
しかし、母親はあまり祖母と仲が良くなかったのか、一度も一緒に祖母の家に入ることはありませんでした。

私は毎週日曜日の午前中に、祖母と神社にお参りに行くのを日課としていました。
大変信心深い人だったので、雨の日でも必ず行き、父が他界して間もないころから欠かすことはありませんでした。
祖母とつないだ手はとても温かく、私はお参りが大好きでした。

祖母の日記
祖母の日記の続きを読む

ページトップへ戻る