Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:気持ち悪い話一覧

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
757 :家に火をつける1:03/06/09 14:33
3年前の事です。私は妻と長男3歳と、温泉宿に一泊旅行に行ったのでした。
夕食前に大浴場で一風呂浴びて、妻が出てくるのを長男と宿屋のお土産コナーで待っていた時の事です。
「家に火をつけるわよ・・・」と言う声を聞いたのです。
ふと、私が声がしたあたりを見回すと、男女が二人立っていました。
どうやら、女の人が男の人に言ったセリフのようでした。
私が聞き耳を立てると案の定、別れる別れないの痴話ゲンカをしていたのです。
私が野次馬根性を出してしまって、もう少し聞きたいと耳を澄ますと、
男の人が「おい!人が見てるだろう!!!」と、女の人を諭したのでした。
私は恥ずかしくなって、何事も無かったかの様にその場を立ち去ろうとしたのですが、
一瞬!女の人が鋭い目つきで私を睨み付けているのに気付きました。
美人は美人なのですが、思いつめていると言うか何というか、非常に怖いと感じました。
あんな鬼みたいな顔じゃ男も逃げるな~と思いながら、その場を後にしたのです。

家に火をつけるわよ
家に火をつけるの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
575 :コーシン:03/07/13 16:26
これは私が小学校5,6年だった時の話です。
実話かどうかは、確認しようがない状態なのでなんとも言えません。
それに、こんなネット上の掲示板に書いていいのかもわかりません。

その当時ビックリマンチョコが流行っていて、よくシールの交換をする仲間内の一人が友人のO君だった。
O君はゲーム機をたくさん持っていて、PCエンジンからツインファミコンまで物凄い数のソフトがあったので、
遊ぶ時は大概O君の家に集まった。
O君の家にはおばあちゃんと父親の3人暮らしで、おばあちゃんは常に家にいたのを覚えています。

その日、いつものようにO君の家に遊びに行くと、
いつもは何人か溜まっているのに、その日は誰もいませんでした。
いっつも居る人間がいないのは、なんだか不思議な感じでしたが、
「コウイチ(当時の私の親友です)来てないの?」と聞くと、
「うん、まだ来てないけど、後で来るってよ」と言われたので、中で待つことにしました。

紙人形
紙人形の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
823 :1/4:03/10/14 19:20
私には今でも忘れられない光景があります。

tobe


小学生の時、クラスでいじめられていた女の子がいました。(仮にN子とします)
背は小さめでしたが、特にブサイコというわけではなく、不潔な外見でもなく、どこにでもいる普通の子でした。
なぜそんな子がいじめられていたかというと、N子には変な癖があったのです。
その癖とは、いつも鼻の穴に指を突っ込んでいるというものです。
つまり、常に鼻クソをほじってるというわけです…。
女友達から「汚いからやめなよ」と何度も注意をされたり、
先生にも「鼻の穴が大きくなっちゃうよー?」と、優しく諭されたりしていたにもかかわらず、
N子は鼻をほじるのをやめようとはしませんでした。 変な癖の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
83 :その1:03/08/25 03:14
僕は昔、霊感が強いっていうか、他の人には見えないものが見える子どもでした。
でも大人になるにつれ、そういうものが見えなくなって、霊の記憶なんて薄れ始めたころです。

去年の夏休み。
僕は部活で学校に通ってました。
いつもの駅のホームに下りる階段で、僕は何かイヤな予感を感じました。

ホーム下の男

ホーム下の男の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
248 :もしもし、わたし名無しよ:2007/04/17(火) 09:06:36
遠縁の親戚の家にある人形なんだけど、オーバーに言うと『持ち主の命を削る』人形らしい。
手に入れたのは自分の曽祖父さんの代の誰か。
えらく高価な人形で、子供たちは触る事はおろか見る事すら許されなかった。
その人形に対する所有者の執着の仕方が半端なく、親戚一同から気味悪がられる程だったらしい。
(寝食惜しんで人形を見つめていたという)

064
不幸を呼ぶビスクドールの続きを読む

ページトップへ戻る