Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:母の話一覧

72 :1/2:03/06/11 10:01
このスレに書き込む話しではないかも知れませんが、30年前の話しをカキコさせて戴きます。

私はそうでもないのですが、母親は霊感の強い体質のようです。
しかしあの時、母親は帰宅してから、とても尋常ではなかった記憶が強く残っております。

私が小学校高学年の頃(30年前)、近所で葬式がありました。
近所という事で、母親はお通夜から手伝いに行っておりました。
その葬儀とは、母親が仲良くしていた近所の家であり、
5~6才の男の子が、交通事故で病院へ搬送中亡くなっての事でした。
とてもお祖母ちゃん子で、よく家へ幼児の頃から一緒に遊びに来ていました。

お水ちょうだい

お水ちょうだいの続きを読む

323 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/07/23 18:14
母の話。
母は小さい時、『蔵ばばあ』というのを怖がっていた。
これは母自身もよく覚えてるし、母の兄達もよく知っている。
大人になってからは恐怖感は忘れて、
母の兄も親戚が集まった時に、「お前、蔵ばばあが怖いって言ってたな~」なんて母に言ったりしていた。
まあ、母の実家は古い農家だから、昔の蔵を改造して倉庫に使ったりして、古臭くて不気味だったから、
幼かった頃の母は怖がっていたんだろう、ぐらいにみんな思っていた。

ところが、最近になって母が、蔵ばばあの正体を思い出したという。
きっかけは、母の母…つまり、私の祖母が、脳血管の病気の後遺症で痴呆の症状をあらわした事だ。
アルツハイマー型の痴呆症とは症状が違うのだけど、世話をしないといけないという点では同じだったので、
母も介護の手伝いにちょくちょく顔を出していたらしい。
祖母は自分の産み育てた子供達の顔もわからなくなっており、特に女性が祖父に近寄るといい顔をしなかった。
無論、母も例外ではない。
祖父に近づいた母に対する祖母の睨みつけるような顔を見ていて、母は蔵ばばあの正体を思い出した。

蔵ばばあ

蔵ばばあの続きを読む

288 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/08/07 17:10
現役看護師の母から聞いた話です。
そのまま人称は一人称にさせて頂きます。

とある国立病院での出来事です。
私は平成一年ごろから、そちらの外科病棟に配属されました。

ある夏の盛り、70代のアメリカ人男性Jさんが、初期の胃がんで入院して来ました。
さすがにこちらに来て何年も経つので日本語は堪能ですが、やはり英語圏の方特有のなまりはありました。

Jさんは胃を四分の一ほど切除する手術を無事に終え、その後の経過も良好。だったのですが…
手術後三日が経過し、私は夜勤で病棟の廊下を回っていると…

外国人の患者

外国人の患者の続きを読む

143 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 00:08:14 ID:C5KNLqsy0
実話というか、母から聞いた話。肉親の話だから嘘じゃないとは思う。
母の昔の記憶だから、多少あいまいなとこはあるかもしれないけど。

母がまだ子供の頃なんだけど、遊んで家に帰ってきたら、居間の雰囲気がいつもと違う。
そんときは家に誰もいなくて、母一人。
で、何が違うのかよくよく考えたら、飾ってあった人形の位置が変わってたんだと。
普段はサイドボード?(食器棚みたいなやつ)の中に入れて飾ってるはずが、
何故か床にうつぶせの状態で落ちてたらしい。
母の母(俺のばあちゃんな)は几帳面な人だったから、人形を放り出してどっか出かけるなんてあり得ない。
母はそう考えて、最初は泥棒が入ったんじゃないかと疑ったんだそうだ。
だけど、部屋の中の他のものは全く動かした形跡もないし、
何か気持ち悪いなと思いながら、母は元の場所に人形を戻しておいた。

ばあちゃんの人形

そうしてるうちにばあちゃんが家に帰ってきたんで、母が聞いたらしい。
「人形床に落ちてたけど、動かした?」みたいな感じで。
そしたらばあちゃんは血相変えて「本当か!?」と慌て出したらしい。
慌て方が尋常じゃないんで、母も怖くなって、
ばあちゃんに何が起きてどうなったのか聞いたらしいんだが、「教えられない」の一点張り。
とりあえず、母の父(俺のじいちゃんだ)が仕事から帰るのを待ってたんだと。
ばあちゃんの人形の続きを読む

74 :本当にあった怖い名無し:2009/02/13(金) 17:09:50 ID:13PMpl+H0
うちの母親から聞いた話を書きます。
母は嘘をつく性格じゃないので、たぶん実話かと。

母が若い頃、神社で霊に突然とり憑かれたそうです。
その霊は母親の体を使ってしゃべり、母親も意識はそのままでその話を聞けたし、
しゃべらせた後に自分でしゃべることも出来たそうです。
ようは、身体をふたつの人間が共有してる状態でしょうか。
「助けになれることがあれば」と、母は霊に身の上話をさせました。

torihada010
共有の続きを読む

ページトップへ戻る