Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:怖悲しい話一覧

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
869 :本当にあった怖い名無し:2005/05/08(日) 12:22:58 ID:3ded8wEM0
まとめサイトにある、押入れの奥から入る畳敷きの小部屋って、俺の母方の実家にも有るんだよ。
うちの実家は東北の田舎なんだけど、旧暦の正月に『ささら』っていう祭りが有る。
祭事に詳しい人なら地区まで特定できそうだから明記はしないけど、そんくらい田舎だって話。
俺もガキの頃に、屋根裏部屋とか物置とか探検するの好きで、(木造で隙間多いため明るくて怖くは無い)
その小部屋も知ってた。
居間の隣に襖隔てて、親戚集まった時に宴会する様な応接間(?)が有り、
その隣に仏壇や昔の調度品、旧家によく有る母親の子供の頃に買った人形とか、母の兄弟の五月人形とかが、
うっすら埃被って置かれてる様な部屋がある。
その部屋の押入れの奥に、その小部屋が有るんだ。

トンネル

ある家系の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
597 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/04/23 23:54
土地の古老って言葉はすっかり死語ですが、まだ私の子供の頃にはいたんですよね。
土地の昔話や、(年齢がばれますが)
若いみなさんは聞いたこともないだろう、『日露戦争従軍記』なんてものまで語ってもらったりもしました。
当時で90はいってたんではないでしょうか。
いわゆる『ぼけ』もなく矍鑠(かくしゃく:年をとっても丈夫で元気のいいさま)としていて、とにかくいろいろな話を聞かせてもらいました。
これもそのひとつです。
とりあえず『古老』じゃあまりよろしくないので、以下では『Sさん』ということにしましょう。

もうひとり0

もうひとりの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
372 :山師さん:01/09/22 22:46
これは1996年6月に、小学生を惨たらしく殺害した中学3年の男の子が容疑者として捕まり、
世間を大いに驚かせた事件があった時の出来事です。


6月下旬の蒸し暑い日でした。
その日私は、メゾネットタイプの集合住宅を賃貸経営している田中さんという大家さんの所へ、
先月退居された住人の預かり費用についての営業でお伺いしました。
先月退居された方、正確には、その住居で飲薬自殺された二十代の女性なのですが、
同棲していた男性に騙されて借金を背負わされ、浮気相手と一緒に男性が出ていった後に自殺したそうです。

同性愛手

同棲相手の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
776 :ユウチン:03/07/15 03:25
蝉がうるさく鳴き風鈴が心地よく鳴る、中学三年の夏休み。
周りは受験勉強だの家族旅行だので遊ぶ友達もいなかった僕は、何もせずまったりと家でかき氷を食べてました。
両親は仕事で、家は僕とおばぁちゃんだけです。
僕はふと庭を見ると、おばぁちゃんが松の木の下でイスに座り、心地よく風にあたっていました。
たまにはおばぁちゃんと話をしようと、僕もイスを持ち出し隣に座り、
「ねぇ、ばぁちゃん。昔話かなんかない?」と言いました。
おばぁちゃんはニッコリ笑って、
「こんな老いぼれの話なんか聞いても楽しくないわよ(笑)」と言いましたが、暇な僕はそれでもいいと言ってねだりました。
おばぁちゃんは少し困った顔をして、
「じゃあ、ちょっと暑いから寒くなる話しようかねぇ」
キター!(゚∀゚)夏はやっぱり怖い話!僕はワクワクしながらおばぁちゃんの話に耳を傾けました。

元スマップだけど
逢いにきた父の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
300 :兄バカ ◆OPNMPZZ.T6:03/08/01 22:19
俺には弟がいた。
7歳年下で、兄バカって言われるくらい可愛がってた。
弟も俺によく懐いてて、近所でも評判の仲の良さだった。

中学の修学旅行に行く朝、弟が行くなと言って泣き出した。
小学校の時もあったことなので、困ったなーと思いつつも、特別驚いたりはしなかった。
「俺が行ってる間、マイケル(犬)の世話頼むなー」とか言って宥めて、ようやく出発した。

一日目の夕方、弟に呼ばれた気がして振り返るが、いるわけがない。
俺も気にしすぎかなと思ってたんだけど、なんとなく心配になって、夜に宿舎の電話で家にかけた。
弟が出て、何もなかったかと聞くと、昼寝をしている時に俺の夢を見たと言った。
不思議だったけど、双子とか兄弟ってテレパシーのようなものがあるって聞くし、
それみたいなもんかななんて、ちょっと嬉しく感じていた。

兄バカ
兄バカの続きを読む

ページトップへ戻る