Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:得体の知れない何かの話一覧

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
「『自転車旅行』1/2」の続き

232 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:16
YはT字を右折しながら振り向いた。
視線が私から私の後方へずれて行く。
振り向いた顔が一瞬こわばる。
「なあぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・!!」
Yが大声で叫びながら坂道を下りて行く。
その大声にビックリした私も、T字を右折しながら振り向いた。
何も無い?
私も振り向いたまま、自転車は坂道を下り始める。
T字の街灯の光に何かが入って左の方へ抜けた。
何?靄?影?プレデター?
・・・判らない。なんだか判らない。
イノシシのようなモノの形で光を遮り、その形で空気が歪む。
そして、それは滑るように左折して坂道を登って行った。
見えたのはほんの一瞬。
私も全力で自転車を漕いだ。
怖い!怖い!怖い!
ついに見た!初めて霊(?)を見た!
Yが見たのはこれだったと理解した。
Yには私が彼女と会話している時から、彼女の側らにいるアレがはっきりと見えていたのだ。
あれは彼女に取り付いていたモノだったのか?
だから彼女は暗く、言動がおかしかったのか?
一気に今までの事を理解した気になった。
体が震えてる。
その時、急にペダルが軽くなった。 自転車旅行2/2の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
645 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/03/06 07:43
俺自身この事件(事故?)を全部知ってるわけじゃなくて、肝心の所を知らない。
もし俺より知ってる人がいたら、逆に教えてほしい。あの時一体何があったのか。

今から14年程前、夜な夜なバイクで峠に走りに行ってたんよ。場所は大阪と奈良の境にあるH道路ってとこ。
そこで知り合った人に起こった話なんだけど、
知り合いって言っても、「ああ、あのCBRに乗ってる人か」ってぐらいの知り合いで、
あんまり話したこともなければ、名前も知らない。
当時はそんな知り合いがいっぱいいたよ。

池にいた何か

池にいた何かの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
840 :長文注意!1/8:03/03/07 12:29
私は学生の頃、ある町のハンバーガーショップで、メンテ(メンテナンスマン)のバイトをしていた。
閉店後の店内を、翌朝までに掃除する仕事だ

私とKさんの2人でメンテに入った時のこと。
4時頃には一通りの掃除を終え、仮眠をとるために2階の客席へ上がった。
照明を消し、ベンチの上に横たわってウトウトしていると、Kさんに肩を叩かれた。
「1階の方で物音がする」と言う。
階段の所へ行って耳を澄ますと、厨房で回している洗濯機の音に混ざって、かすかに声のようなものが聞こえた。

消えた女

姿を消した女の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
946 :一:03/03/17 21:20
俺が高校3年生のとき。
1人の友達の親が、茨城の海沿いの地にコテージを買ったというので、
その夏、友達6人とそこに遊びに行くことになった。

常磐線からローカル私鉄に乗り継ぎ、駅に降り立つと、駅前の小さなスーパーで5日分の食料を買い込んだ。
そして、タクシーで30分ほど走って、ようやくコテージまでたどり着いた。
当時その周辺には、商店1軒もないようなところであった。

コテージで

コテージでの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
792 :俺が中学生の頃に塾の先生から聞いた話:03/05/08 05:01
先生は話をする前に、
「話し終わったら、私の腕に注目!」と、意味不明なことを言った。
(話に出てくる『私』とは、先生の事です)

私が中学生の頃に、友達の田舎に泊まりに行った。
確か和歌山だったかな?もしかしたら大阪かも?とりあえず近畿の南の方。
そこは遊ぶところに困らなくて、近くには海があり、山があり、とにかく自然で一杯だった。
約一週間泊まったんだけど、その時間が一瞬で過ぎたと錯覚するぐらい楽しかった。

つかまれる

つかまれるの続きを読む

ページトップへ戻る