Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:家系にまつわる話一覧

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
270 :156:2008/07/29(火) 09:17:54 ID:2L8+J1vz0
この話ではめずらしく、うちの家系の人ではなく、ソウタという若い武士が主人公です。

ソウタには敬愛する女性が居た。
その女性は月と呼ばれる娘で、賎民でありながら、この国では誰よりも尊いお方と呼ばれていた。

ソウタと月の出会いは、ある夜の事だった。
ソウタが屋敷を巡回していると、悲しげな歌が聞こえました。
気になってソウタが歌の聞こえる方へ行くと、そこには月と戯れるように舞いながら歌を歌う女性が居ました。
ソウタはそこで気が付きました。
この女性こそが、神の化身である月姫様だと。
ソウタも噂で、この屋敷に月が居る事と、月がとても美しい女性であるとは聞いていたが、
実物はそれを凌駕する程に美しい存在だった。

月姫とソウタ

【家系にまつわる話】月姫とソウタの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
48 :本当にあった怖い名無し:2009/05/24(日) 04:11:21 ID:B3+fEFe10
最近2ちゃんで、とあるコピペを見つけた。
それを見て、忘れかけていた、数年前に起きたとある事件を思い出したので、ここに書こうとおもう。

たしか、今から5年前の夏休み。
俺が中学生の頃、実家のすぐ近くにあるお寺で、盗難事件が発生した。
お寺の2つある宝物庫のうちの、1つの中身が盗難にあったらしい。
それだけならただの盗難事件なのだが、何か様子がおかしかった。
うちは代々そこの檀家を勤めているのだが、うちも含め、檀家や周辺の家の人たちが事件の翌日に集められ、
大人達で何事か話し合っているようだった。
当時俺はガキだったので、色々大変なんだな、としか思わず、その時はあまり気にしていなかった。

92aff1f2-s

【韓国・朝鮮にまつわる怖い話】呪いの仏像の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
13 本当にあった怖い名無し:2010/03/25(木) 00:04:28 ID:DPDXOqQS0
近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる、神職の一家がある。
その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。
ウチも住んでいる辺りでは、かなりの歴史がある旧家の分家で、
そこの神職一家が、非常に気さくで人当たりの良い人達ばかりということもあって、
その神職一家と非常に仲良くさせてもらってる。
最近そこの次男Aさん(と言っても30半ばのオサーン)に聞いた話。
なお、よくわかんなかった言葉とかは、後でググったりして補足してる。


客殿 120624_T280_小

繋がりの続きを読む

ページトップへ戻る