Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:キチガイにまつわる話一覧

622 :1/7:03/02/23 01:50
俺が高校の頃に見た、かなり鮮明で怖かった夢。

俺は学校から帰る途中だった。
その頃かなりの反抗期で、親、いや、家族全員が俺にとって邪魔者という感じだったのだ。
母はいつもおせっかいがうるさくて、何よりしつこい。弟も弟でウザい。
父はまだ何も言わない方なのだが、母がいる時だけに限って厳しくなる。
そんな家族に俺はだんだん嫌気がさしてきたのだ。

そして家に帰る。
「おかえりなさい。ご飯できてるわよ」
「いらねーよ」
そう言って俺は部屋にこもった。いつもの事だ。イライラし過ぎて腹も減らない。
俺はベッドに入り、一人憂鬱になっていた。

反抗期
反抗期の続きを読む

361 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:03/05/12 03:48
私が中学生だった時、クラスにちょっと頭の不自由な子がいました。
実際に、けっこう無理はありましたが、いちおう普通のクラスで普通に勉強していました。
親の希望もあってナントカ学級には行きませんでした。
クラスでもちょっとおかしいところはありましたが、なんとかクラスにとけこんでいました。

が、時々理解不能な奇行をしました。
その子と仲良くしていた女の子が、乱暴まがいの事をされたこともありました。
その他にも、奇声やパニックなど茶飯時で、私のクラスにはある緊張感が漂っていました。
みんなその子になるべく触らず、かつオミソにして、機嫌を損ねないよう細心の注意を払っていました。

グリス

グリスの続きを読む

391 :震災にて:03/05/12 14:19
自分の避難した体育館では、避難していた医師の指示で一部を区切って怪我人を寝かせてありました。
怪我人をステージの向かって右手。風邪などの感染症は向かって左手に。
自分は介護士でしたから、怪我人の世話をしていました。
余震で建物がきしむと、あちこちから悲鳴が上がり、
夜に怪我人がうなされると、
「うるさい、黙らせろ」とヒステリックに叫びだす男性や、
子供に風邪がうつるのを恐れて、病人を追い出せと文句を言いにくる親達もいて、エゴむき出しの地獄でした。
そんな中で経験した事です。

震災にて

震災にての続きを読む

223 :1/3:03/06/03 21:43
俺が中学生の頃だから、随分昔の話だ。
当時はスキャン機材とか普及してなかったろうから、
(超音波スキャナ。妊娠中の検診で形質に異常があると、ナチュラルに堕胎を奨められるという)
俺の住んでた田舎では、奇妙な風貌の人をワリと良く見かけた。

用水路

用水路の続きを読む

757 :家に火をつける1:03/06/09 14:33
3年前の事です。私は妻と長男3歳と、温泉宿に一泊旅行に行ったのでした。
夕食前に大浴場で一風呂浴びて、妻が出てくるのを長男と宿屋のお土産コナーで待っていた時の事です。
「家に火をつけるわよ・・・」と言う声を聞いたのです。
ふと、私が声がしたあたりを見回すと、男女が二人立っていました。
どうやら、女の人が男の人に言ったセリフのようでした。
私が聞き耳を立てると案の定、別れる別れないの痴話ゲンカをしていたのです。
私が野次馬根性を出してしまって、もう少し聞きたいと耳を澄ますと、
男の人が「おい!人が見てるだろう!!!」と、女の人を諭したのでした。
私は恥ずかしくなって、何事も無かったかの様にその場を立ち去ろうとしたのですが、
一瞬!女の人が鋭い目つきで私を睨み付けているのに気付きました。
美人は美人なのですが、思いつめていると言うか何というか、非常に怖いと感じました。
あんな鬼みたいな顔じゃ男も逃げるな~と思いながら、その場を後にしたのです。

家に火をつけるわよ
家に火をつけるの続きを読む

ページトップへ戻る