毎年10月31日に行われる、古代ケルト人が起源と考えられている祭りのこと。

もともとは秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事であったが、現代では特にアメリカ合衆国で民間行事として定着し、祝祭本来の宗教的な意味合いはほとんどなくなっている。カボチャの中身をくりぬいて「ジャック・オー・ランタン」を作って飾ったり、子どもたちが魔女やお化けに仮装して近くの家々を訪れてお菓子をもらったりする風習などがある。

10月31日の夜は夏の終わりを意味し、冬の始まりでもあり、死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたが、時期を同じくして出てくる有害な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたのに因み、カボチャをくりぬいた中に蝋燭を立てて「ジャック・オー・ランタン」を作り、魔女やお化けに仮装した子供たちが近くの家を1軒ずつ訪ねては「トリック・オア・トリート」と唱える。その意味は、「お菓子をくれないと、いたずらしちゃうぞ」というニュアンスで、訪問される側の大人や家庭では、カボチャの菓子を作り、子供たちはもらったお菓子を持ち寄り、ハロウィン・パーティーを開いたりする。お菓子がもらえなかった場合は報復の悪戯をしてもよいとされており、地域の大人たちと子供たちが交流できる機会になっている。

日本ではただのコスプレイベントとなっている。
最後の一文以外「wikipwdei」より引用

その祭りに乗じ、現実にもハロウィン当日にいくつかの恐ろしい殺人事件が起こっていた…

ハロウィン
ハロウィン 犯罪の増える理由と過去に全米を驚愕させた9つの殺人事件の続きを読む