Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:ばあちゃんの話一覧

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
my68722TFWYtFyNZIHcoKbQs


185 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 10:04:58 ID:jArUlz+o0

うはwなんというライトノベルwだが面白い。もっと読みたいです!


187 :156:2008/07/27(日) 15:00:56 ID:EfKEngun0
わかった、凄く長いし面白くなさそうだが、全部ここに載せるよ。
『狐の加護を受ける家系』2/3の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
my68722TFWYtFyNZIHcoKbQs


195 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 15:35:09 ID:p9DM/niP0

狐が、狐が可哀想すぎる....。
村の連中なんか皆殺しにしちゃえ!


196 :本当にあった怖い名無し:2008/07/27(日) 16:02:08 ID:jArUlz+o0
すばらしい大作だ!これこんな所に発表しちゃっていいのか?
もう少し状況描写を増やして水増しして、ライトノベル系の賞に応募したら、
めちゃくちゃ金になるんじゃないのか?
っていうかアニメでみてえええええええええええええええええええ
『狐の加護を受ける家系』3/3の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
270 :156:2008/07/29(火) 09:17:54 ID:2L8+J1vz0
この話ではめずらしく、うちの家系の人ではなく、ソウタという若い武士が主人公です。

ソウタには敬愛する女性が居た。
その女性は月と呼ばれる娘で、賎民でありながら、この国では誰よりも尊いお方と呼ばれていた。

ソウタと月の出会いは、ある夜の事だった。
ソウタが屋敷を巡回していると、悲しげな歌が聞こえました。
気になってソウタが歌の聞こえる方へ行くと、そこには月と戯れるように舞いながら歌を歌う女性が居ました。
ソウタはそこで気が付きました。
この女性こそが、神の化身である月姫様だと。
ソウタも噂で、この屋敷に月が居る事と、月がとても美しい女性であるとは聞いていたが、
実物はそれを凌駕する程に美しい存在だった。

月姫とソウタ

【家系にまつわる話】月姫とソウタの続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
957 :本当にあった怖い名無し:2009/04/06(月) 00:26:36 ID:LWXeSszF0
私、青森に住んでいる者なのですが、ちょっとローカルなネタを提供させていただきます。

みなさん、イタコって恐山にしかいない、と思っていませんか?
そして、バラエティなんかでネタにされるように、みんなインチキだと思っていませんか?
でも、イタコは恐山だけではないのです。
そして、みんながインチキとは限らないのです。

Japan_A05_Itako
イタコの言葉の続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加  にほんブログ村 哲学・思想ブログ 恐怖体験へ
117 :本当にあった怖い名無し:2009/01/17(土) 16:27:04 ID:QgkLtwWJ0
私の祖母から聞いた話で、昭和初期に実際に起こった事のようです。

祖母の実家は愛媛にあるのですが、親戚に2歳になっても殆ど口をきかない変わった子がいたそうです。
その子の親御さんは、そのことを大変心配していました。

ある日突然、その子が「今日、おさか行く。おさか行く」と話し始めました。
そこで親御さんは、突然話し出したのと、
おさか(大阪)ってそんな遠い地をこんな小さな子がよく知ってるな、聡明な子だな、と喜んでいたら、
その日親御さんが野良仕事に出ている間に、その子は崖から落ちて死にました。

その子の死後、親戚中でその話になり、
「ああ、おさかって、大阪ではなくお墓のことだったんだ」って気付いたそうです。

意味がなく思える小さい子の言葉の中には、何かしらの意図があるのかもしれません。

Dondoro

ページトップへ戻る