Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:ばあちゃんの話一覧

816 :祖母の話 1/2:03/03/30 03:58
数年前に亡くなった私の祖母は、孫の私からみても怖い人でした。
私が小学生の時に、祖母が自分の姉について語ったことは、子供心にもとても嫌な記憶として残っています。

祖母の姉は15~16歳の時に、自ら井戸に身を投げて死んでしまったそうです。
私は「なんで?」と祖母に聞きました。
すると祖母は、
「あいつは馬鹿で、ちょっといじめたら井戸に飛び込んで死んでしまった」と、こともなげに言い放ったのです。
悲しんでる様子もなければ、悔やんでる様子もありませんでした。
私は何だか怖くなり、その日から祖母とほとんど話さなくなりました。

祖母の話

祖母の話の続きを読む

776 :ユウチン:03/07/15 03:25
蝉がうるさく鳴き風鈴が心地よく鳴る、中学三年の夏休み。
周りは受験勉強だの家族旅行だので遊ぶ友達もいなかった僕は、何もせずまったりと家でかき氷を食べてました。
両親は仕事で、家は僕とおばぁちゃんだけです。
僕はふと庭を見ると、おばぁちゃんが松の木の下でイスに座り、心地よく風にあたっていました。
たまにはおばぁちゃんと話をしようと、僕もイスを持ち出し隣に座り、
「ねぇ、ばぁちゃん。昔話かなんかない?」と言いました。
おばぁちゃんはニッコリ笑って、
「こんな老いぼれの話なんか聞いても楽しくないわよ(笑)」と言いましたが、暇な僕はそれでもいいと言ってねだりました。
おばぁちゃんは少し困った顔をして、
「じゃあ、ちょっと暑いから寒くなる話しようかねぇ」
キター!(゚∀゚)夏はやっぱり怖い話!僕はワクワクしながらおばぁちゃんの話に耳を傾けました。

元スマップだけど
逢いにきた父の続きを読む

423 :1/2:2005/09/27(火) 13:50:27 ID:mUmbbEfS
今年の夏、伯母から聞いた話。

伯母の家の近所に、Aさん、Bさんというおばあちゃんが住んでた。
2人はとても仲がよく、AさんはしょっちゅうBさん宅に遊びに行ってた。
ところがある日、Aさんが病気で急死してしまった。

仲のよいおばあちゃん

仲の良い2人のおばあちゃんの続きを読む

143 :本当にあった怖い名無し:2006/08/03(木) 00:08:14 ID:C5KNLqsy0
実話というか、母から聞いた話。肉親の話だから嘘じゃないとは思う。
母の昔の記憶だから、多少あいまいなとこはあるかもしれないけど。

母がまだ子供の頃なんだけど、遊んで家に帰ってきたら、居間の雰囲気がいつもと違う。
そんときは家に誰もいなくて、母一人。
で、何が違うのかよくよく考えたら、飾ってあった人形の位置が変わってたんだと。
普段はサイドボード?(食器棚みたいなやつ)の中に入れて飾ってるはずが、
何故か床にうつぶせの状態で落ちてたらしい。
母の母(俺のばあちゃんな)は几帳面な人だったから、人形を放り出してどっか出かけるなんてあり得ない。
母はそう考えて、最初は泥棒が入ったんじゃないかと疑ったんだそうだ。
だけど、部屋の中の他のものは全く動かした形跡もないし、
何か気持ち悪いなと思いながら、母は元の場所に人形を戻しておいた。

ばあちゃんの人形

そうしてるうちにばあちゃんが家に帰ってきたんで、母が聞いたらしい。
「人形床に落ちてたけど、動かした?」みたいな感じで。
そしたらばあちゃんは血相変えて「本当か!?」と慌て出したらしい。
慌て方が尋常じゃないんで、母も怖くなって、
ばあちゃんに何が起きてどうなったのか聞いたらしいんだが、「教えられない」の一点張り。
とりあえず、母の父(俺のじいちゃんだ)が仕事から帰るのを待ってたんだと。
ばあちゃんの人形の続きを読む

my68722TFWYtFyNZIHcoKbQs


156 :本当にあった怖い名無し:2008/07/26(土) 02:09:31 ID:01Jkg7lo0

不思議な呪いにかかっている家系は、自分の所だけじゃ無かったんだな。

まあ自分の家は呪いというよりは加護みたいなもんだけど、その内容は、
なぜか取引相手や仕事仲間が、事故にあわなくなったり病気が治ったり出世したり、
良縁に恵まれたりするという奴なんだ。

まあ当初は自分も全然信じてなかったんだけど、
大量のお礼の手紙とか、わざわざ仕事を頼みに来る人とかが海外から来たり、
大企業の社長さんとかが頭下げてまで仕事の依頼とかするんで、少しは信じるようになった。

ちなみに親父の仕事は、建設関連の中小企業の社長。
『狐の加護を受ける家系』1/3の続きを読む

ページトップへ戻る