Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


タグ:お祓いにまつわる話一覧

236 :長文スミマセン1/8:03/02/14 17:18
私はずっと母親と二人で暮らしてきた。
父親は自分が生まれてすぐにいなくなった、と母親に聞いた。
祖父や祖母、親戚などに会ったことはない。そんなものだと思っていた。
それが異常な境遇だということに気付いたのは、ずっと後になってからのことだった。

いつ頃のものかはわからないが、姉がいた記憶がある。
夢のようにかすかな記憶なので、本当のものなのかはわからない。
ただ、小さい頃、母親にそのことを話すと、なぜか酷く叱られた。

黒い影

黒い影の続きを読む

13 本当にあった怖い名無し:2010/03/25(木) 00:04:28 ID:DPDXOqQS0
近所に家族ぐるみで懇意にしてもらってる、神職の一家がある。
その一家は、ある神社の神職一家の分家にあたり、本家とは別の神社を代々受け継いでいる。
ウチも住んでいる辺りでは、かなりの歴史がある旧家の分家で、
そこの神職一家が、非常に気さくで人当たりの良い人達ばかりということもあって、
その神職一家と非常に仲良くさせてもらってる。
最近そこの次男Aさん(と言っても30半ばのオサーン)に聞いた話。
なお、よくわかんなかった言葉とかは、後でググったりして補足してる。


客殿 120624_T280_小

繋がりの続きを読む

つきまとう女

899 : ◆lWKWoo9iYU :2009/06/11(木) 10:34:08 ID:T70ctGeH0

二年前の夏、俺はバイクで北海道ツーリングに出かけた。
目的は北海道一周。日程は3日間。気ままな一人旅だ。
北海道は予想以上に何も無い。街から街まで100kmを越えるときもある。
その間、コンビニはおろか自販機すらない。
気楽に長距離ツーリングを楽しもうと思って来たが最後。
本当に長距離ツーリングが好きな人間以外には苦痛でしかない。
俺の旅のコンセプトは、なるべく金をかけないこと。
その為、旅館やホテルには一切泊まらず旅をする。

道中での悩みは、ガソリンスタンドが街にしかないことだ。
24時間営業なんて論外。大概のガソリンスタンドは、19:00には店を閉じる。
早いところだと、17:00に閉めていたところも在った。
俺のバイクは燃費が悪く、満タンで160kmしか走らない。
日程は3日間。夜も走らないと間に合わない。
だが、俺は頭の悪いことに、ガソリン携行缶を装備していなかった。
更に、4日後には会社が始まるギリギリの日程。
間に合うはずが無い。俺はその事に、半周した時点で気付いたのだ。

俺は考えた。
一周を諦めて、道央を突っ切り、函館からフェリーに乗って陸路で帰るか。
それとも、意地で爆走し、小樽まで帰還して一周をやりきるか。
悩んだ挙句、俺は一周することを決めた。
「諦めたら、そこで試合終了ですよ」
敬愛する安西先生がそう囁いたのだ。
つきまとう女1/9の続きを読む

つきまとう女

678 :3ヶ月 ◆lWKWoo9iYU :2009/06/17(水) 20:31:32 ID:kOT+Y6Db0

あの北海道ツーリングから3ヶ月。
俺は今、都内の駅前広場のベンチに座っている。
夏の暑さも終わり、街に冬の気配が漂う秋風の季節だった。
季節の流れに街の色が移ろうように、3ヶ月間で俺の人生も大きく変わった。
あの日、俺と一緒に北海道を旅したバイクはもう居ない。
トラックと正面衝突を起こし、跡形も無く大破した。
俺はその事故で、左脚と左腕、左側の鎖骨と肋骨4本を骨折する、重傷を負った。全治5ヶ月と診断された。
生きていただけ有難いが、全治5ヶ月の人間を、俺の会社は不必要と判断し、書類一枚の郵送で解雇した。
おかげで、バイクも失い、仕事も失い、残ったのは僅かばかりの貯金と、ポンコツの身体だけだった。
幸い、後遺症も無く回復しそうな感じではあるが、左腕の回復が妙に遅い。
左脚、肋骨、鎖骨はもう殆ど治っているのに、左腕は未だに折れたままだ。
医者も不思議がっていた。俺も不思議だ。

あの時、俺は何故事故を起してしまったのか、記憶が無い。
医者は、事故のショックに因る、一時的な記憶障害と言っていた。
だが、今はそんなことはどうでもいい。
俺はすっかり社会から逸脱していた。
例え怪我が癒えても、俺には帰るべき職場も無い。
俺はすっかり生きていく自信を失っていた。
このまま俺は社会不適合者として、枯葉の様に朽ち果てるのではないだろうか。
そんな事ばかりを考えていた。
つきまとう女2/9の続きを読む

ページトップへ戻る