Please enable JavaScript!
Bitte aktiviere JavaScript!
S'il vous plaît activer JavaScript!
Por favor,activa el JavaScript!
antiblock.org

週末暇つぶしブログ

週末暇つぶしブログは2chまとめサイトです。オカルト、怖い話、ニュース等と幅広く扱っております。


カテゴリ:週末怖い話スレ

118 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 03:57
20年ほど前の実話です。

私の祖父が救急車で運ばれました。
もはや老衰と呼ばれる状態で、入院したらそこで死を迎えるのは、家族全員がわかっていました。

祖父は救急車で運ばれ入院したその日の夜に、意識を取り戻しました。
祖父は私たちに、
「坊さんが10人並んでいて、それを一人ずつ撃ち殺していくんだが、一人しか殺せなかった」と話しました。
どうやらそういう夢を見たようです。

減っていく坊さん

減っていく坊さんの続きを読む

929 :本当にあった怖い名無し@\(^o^)/:2014/12/01(月) 00:39:53.87 ID:zbcy036O0.net
最近起こった事だが。

2か月ほど前のある晩に、友人から電話がかかってきた。
『部屋から出られなくなったから助けに来てくれ』との事だった。
何かあったのかどうか聞くと、『出口が分からない、迷った』との事だった
俺は冗談だと思って「何言ってんだ、お前?」と返しても、
すごい真剣な声でお願いされるもんだから、仕方なく友人の住むアパートへ行った。

部屋から出られなくなった

部屋から出られなくなったの続きを読む

982 :ぱすた :05/02/01 14:11:02 ID:VHylIU0w0
自宅にいると目の端々に人影みたいなものや、佇んでる人っぽいものを見る様になった。
夜に寝る為に電気消して真っ暗にすると、白い壁に手の平に乗るくらいの猿が何匹も壁登ってる・・・。
昼間や暗闇でも、目閉じると5センチ前に女の目があって、シャンプー中にビビッて独り声出して驚く。
しかも霊感なんぞ否定派だから、思い違いと思いたい。

ほんのりと恐いっしょ。しかし後日談があって・・・。

禁断症状



983 :ぱすた :05/02/01 14:17:45 ID:VHylIU0w0
実は知らず知らずアルコール依存症に陥っていて、全ては酒が切れたときに見る禁断症状の幻覚だったんです。
俺って酒強ぇなぁ、ってくらいで自覚症状無し。妻も見抜けなかった。
お互いほんのり怖くなった。

マジカキコすると、霊だ霊だ言ってる人達ってのは、何らかの脳の機能で幻覚見てるのかも。
だからこそ、あそこまでマジになれると思った。
事実俺も、幽霊っていたんだと少し思い始めてた。

関連話:『幽霊が見える』 『オカルト好きの罠』 『部屋から出られなくなった




455 :怖い:2010/10/02(土) 03:08:46 ID:dgLjVpkX0
同人仲間のZ子が、ある時期からいきなり「幽霊が見える」と言いはじめた。
オカルトとか歯牙にもかけないヤツだったのだがそれが豹変。
誰それの背後に老人がいるのが見えるとか、オーラがどうのとか主張しまくり。
挙句の果てに、うさんくさい宗教団体の勧誘にひっかかりかけ、
Z子の親友のY子が「お前の頭は絶対におかしい!私が金払うから病院行けーっ!」と脳ドックに叩き込んだ・・・ら、
血栓(?)が十数個発見された。

幽霊が見える


小さいのばかりで薬で溶かす(?)事ができたそうなのだが、
Z子は完治後『幽霊』が全く見えなくまり、性格も元に戻った。
「いやー、脳って恐いねぇ」としみじみするZ子に、
Y子は「恐かったのはお前だっちゅーねん!!」とツッコんでいた

ちなみに、Y子がZ子がホンマモンの病気だと思った理由は、
「だって『○○(Z子の二次元ダーリン)なんてもう興味ない』って言うんだよ!あのZ子がっ!!」だそうで。
それがある意味一番恐いんじゃね?と仲間達は語る。
Z子は今でも○○に萌えている。

関連話:『オカルト好きの罠』 『禁断症状』 『部屋から出られなくなった




127 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/25 13:31
高校生の男の子なんだが、ある時突然、視界を妙なものが横切るのを見た。
それ以来、時折、黒い影や光のようなものを見ることが多くなった。
家族に訴えたが、だれも相手にしてくれない。
それどころか、母親などは叱りつけたらしい。
というのも、この男の子は日頃からオカルトっぽいものが大好きで、心霊番組なんかもマメにチェックしていたらしい。
だから母親は、
「あんな下らないものばっか見てるから、変なこと考えるようになるのよ!」って怒ったわけだ。

オカルト好きの罠

オカルト好きの罠の続きを読む

ページトップへ戻る