加茂前ゆきちゃん失踪事件と怪文書
幼い少女の失踪事件、そして3年後に届いた怪文書。
この不気味な事件は、十年以上たった今でも語り継がれている。

yukichan


■失踪事件概要

事件が起きたのは、1991(平成3)年3月15日、三重県四日市市豊田。
家族構成は両親と3人の子供。 父、芳行さんは車の板金工場勤務。母市子さんはパート勤務。
3人の子供はいずれも女の子で、高校生の長女、小6の次女、失踪したゆきちゃんは三女で小2(8歳)。

■事件発生の経緯

父は夜勤を終え、事件当日の朝帰宅し、失踪発覚までそのまま寝ていた。

学校は卒業シーズンで通常よりも帰宅が早くなっていたいたため、ゆきちゃんの帰宅は午後2時頃。

ゆきちゃんは、友達から遊びに誘われたが、「約束がある」と断ってたらしい。

同2時半頃、が家に電話した際に、ゆきちゃんが出て「今日夜勤で遅くなる」「わかった」と会話。

同4時前頃 次女帰宅。まだ暖かい飲みかけのココアがテーブルの上にあるのを見たものの、ゆきちゃんは家にいなかった。

同4時半頃 父起床。ゆきちゃんはいなかったが、遊びに行ったものだと思い気にしなかった。

同 夕方 長女帰宅。父は夜勤へ。母帰宅。

午後8時頃 地元警察に捜索願を提出。

■捜査状況

ゆきちゃんは、普段学校から帰るとランドセルを置き、校庭などで友達と待ち合わせ 遊んでいることが多かった。
その際は自転車を使っていた。
しかし当日、自転車は家の前に置かれたままだった。

いつも着ているジャンパーが脱いだまま部屋に置いてあった。

目撃情報は多数寄せられた。
学校のジャングルジムで遊んでいた。
学校横の十四川周辺にいた。
自宅からわずか15mほどの四つ角で白いライトバンの運転手と話をしていた。
学校近くの近鉄・豊田駅にいた。
しかし、いずれも有力な手がかりにはならなかった。

■怪文書

ゆきちゃん失踪事件から3年後 - ゆきちゃんの家に届いた3枚の怪文書。
このあまりにも不気味な文書により、事件から十数年たった今でも事件が語り継がれることとになった。

怪文書は3枚から成り、紙に鉛筆書きの上からボールペンでなぞってある。
下の画像は怪文書のコピーの一部である。

加茂前ゆきちゃん失踪事件後に送られてきた怪文書

yukichan



漢字、ひらがな、カタカナまじりの文字と暗喩により構成された不気味な文章が特徴である。
しかし、画像から読み取るのは無理なので全文を記載する。

以下は怪文書の全文。

 ミゆキサンにツイテ
 ミユキ カアイソウ カアイソウ
 おっカアモカアイソウ お父もカアイソウ
 コンナコとヲシタノハ トミダノ股割レ
 トオモイマス

 股ワレハ 富田デ生レテ 学こうヲデテ
 シュンガノオモテノハンタイノ、パーラポウ
 ニツトめた
 イつノ日か世帯ヲ持チ、ナンネンカシテ
 裏口ニ立ツヨウニナッタ
 イまハー ケータショーノチカクデ
 四ツアシヲアヤツツテイル

 ツギニ
 スズカケのケヲ蹴落シテ、荷の向側のトコロ
 アヤメ一ッパイノ部ヤデ コーヒーヲ飲ミナ
 ガラ、ユキチヲニギラセタ、ニギッタノハ 
 アサヤントオもう。
 ヒル間カラ テルホニハイッテ 股を大きく
 ワッテ 家ノ裏口ヲ忘レテ シガミツイタ。

 モウ股割レハ人ヲコえて、一匹のメス 
 にナッテイタ。
 感激ノアマリアサヤンノイフトオリニ動い 
 タ。ソレガ大きな事件トハシラズニ、又カム
 チャッカノハクセツノ冷タサモシラズニ、ケッカハ
 ミユキヲハッカンジゴクニオトシタノデアル
 モウ春、三回迎エタコトニナル
 サカイノ クスリヤの居たトコロデハナイカ
 トオモウ

 ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ
 平和希求トハチガウ
 ミユキノハハガカ弱イハネヲバタバタ
 ヒラヒラ サシテ ワガ子ヲサガシテ、広い
 ダッタンノ海ヲワタッテイルノデアル

 股割れは平気なそぶり
 時ニハ駅のタテカンバンニ眼ヲナガス
 コトモアル、一片の良心ガアル、罪悪ヲ
 カンズルニヂカイナイ
 ソレヲ忘レタイタメニ股を割ってクレル
 オスヲ探しツヅケルマイニチ

 股ワレワ ダレカ、ソレハ富田デ生レタ
 コトハマチガイナイ
 確証ヲ?ムマデ捜査機官に言フナ
 キナガニ、トオマワシニカンサツスルコト
 事件ガ大キイノデ、決シテ
 イソグテバナイトオモウ。
 ヤツザキニモシテヤリタイ
 股割レ。ダ。ミユキガカアイソウ
 我ガ股ヲ割ルトキハ命ガケ
 コレガ人ダ コノトキガ女ノ一番
 トホトイトキダ

-------------------------------------------------
(原文ママ)


■語句説明(全て憶測)

●トミダノ股割レ
トミダは事件発生場所付近の地名の富田であると考えられる。股割レとは売春婦への蔑称と考えられる。

●シュンガ
春画は江戸時代に流行った男女の性を描いた浮世絵。文章中では場所を示しているようなので、ポルノ映画館か風俗関連であると思われる。

●パーラボウ
パーラ(パーラー)はパチンコ屋や喫茶店の名前に対して使われることが多い。しかし、富田近辺にボウという名のパチンコ屋や喫茶店は無いようである。すると、ボウとは、名前を直接出すのを避ける時に使う”某”ではないだろうか。つまり、パーラ某(某パーラ)。

●裏口ニ立ツヨウニナッタ
売春婦の暗喩のようだ。

●ケータショー
警察署?ケータ小(学校)?

●四ツアシ
通常、四足とは四本足の動物を指す。ここでは売春婦の蔑称を示しているのではないだろうか。

●スズカケのケヲ蹴落シテ
スズカケからケを取ると、鈴鹿。

●ユキチ
一万円札の俗語。

●アサヤン
~ヤンというなの愛称かもしれない。しかし、文字を入れ替えるとヤアサン、つまりヤクザ。

●テルホ
ホテルのようだ。

●ダッタン海キョウヲ、テフがコエタ、コンナ平和希求トハチガウ
西冬衛の「春」(昭和22年)という詩にそっくりの表現がある。彼の詩の中では、「てふてふが一匹韃靼海峡を渡つて行つた」となっている。韃靼海峡とは、北海道 樺太付近。


【補足】
この怪文書が届いてから、しばらくした後、もう一通の手紙が届く。
内容は、福岡県に住む緒方達生と名乗る人物からの捜査協力の申し出であり、
ゆきちゃんは既に他界しており、ゆきちゃんの霊の協力を元に、ダウジングで遺体を捜索するというもの。
彼によれば、犯人は顔見知りであり、男女二人の犯行(怪文書の内容とも一致してる)であるという。
しかし、この人物は三日後に再び手紙を送り、 その内容は「ゆきちゃんの霊を邪魔する別の霊が現れ、
捜査に協力する事は出来なくなった」というものだった。