世の中には現代科学では解明できない、ミステリーが数多くある。心霊現象、超常現象、宇宙人、UFO、UMA(未確認動物)、オーパーツ、そして未解決の怪事件など。そんな世界を震撼させた怪奇的な10の出来事を紹介しよう。

10:メキシコ人農家が発見した宇宙人の赤ちゃん
2007年、メキシコでの出来事。農家のマラオ・ロペスさんが、謎の生物を発見した。その生物はまるで宇宙人の赤ちゃんのように見えたという。発見当時、 生物は生きていたのだが、ロペスさんは恐怖のあまり、水路に投げ捨て溺死させたのだ。その後、科学者たちが調査したところ、骨格はトカゲに近く、さらに歯 には歯根がなかったそうだ。しかし関節などは人間と似ており、脳の大きさから知的生命体であると推測された。

発見された地域では、UFOやミステリーサークルの目撃情報が多数寄せられている。ちなみにロペスさんは謎の生物発見後、間もなく死亡した。


mistery10


9:得体の知れない力により亡くなった、9人の登山者
1959年2月2日、ソ連のウラル山脈で登山中の男女9人が、不可解な死を遂げた。テントは内部から引き裂かれ、遺体はそれぞれ広い範囲に散乱していた。 9人のうち6人は体温低下のため死亡したようだったが、1人は頭蓋骨を激しく損傷しており、そして残りの2人は何か全く説明のつかない強い力で胸が引き裂 かれていたという。そして女性の1人は舌がなくなっていた。さらに不思議なことに、全員の衣服から、かなりの量の放射線が検出されたのである。この事故に 関しては、「雪崩説」、「軍事実験説」、「UFO説」など様々あるが、いずれも確証は得られていない。


mistery9





8:壁に出現する宇宙人
カナダのカルガリーにあるカレン・ヘヌセットさんの家の壁には、2人の宇宙人らしき姿がたびたび現れるという。ぼんやりと浮かぶ姿には、2つの目があり、 ヘルメットをかぶっているように見える。出現する時間は決まっており、午後4時30分から6時の間で、曇っている日には現れない。近所では、「窓に光が反 射しただけ」という意見、そして「宇宙人がすでに街に紛れ込んでいる証拠ではないか」と指摘する人もいる。実態はいまだ不明のままだ。


mistery8





7:グーグル・アースに映った宙に浮かぶ車
2006年1月、flyinglobe.comはグーグル・アース上で、宙に浮いているように見える車が発見された。グーグル・アースが示す場所は、オー ストラリアのパースの郊外。浮かんでいる車は1台だけではない。さらにもう1台の車が同じ付近で浮遊しているのである。この2台は影が車から離れており、 推定で2~5m、地面の上に位置していると思われる。


mistery7





6:900年前に建設された聖堂に、宇宙飛行士の姿
1102年に建築家エピスコープ・ド・サラマンカにより建設された、スペインにある荘厳なイエロニマス大聖堂。ここに、空想上の動物や聖人たちの姿が刻ま れており、そのなかにはNASAの宇宙飛行士らしき姿の彫刻が存在するのだ。建築家が未来を予言したのでは? とする説があるが、一方でジェロニモ・ガル シアという人物が聖堂の改築中に、出来心から宇宙飛行士を作ったという説もある。しかし誰の仕業なのかははっきりしていない。


mistery6





5:ポーランドの雪男
ポーランドのタトラ山脈で、コワルスキさんは山で散歩しながら、のんびりと休暇をたのしんでいた。山道でヤギを発見した彼は、その姿をカメラに収めようと 撮影を始めたのだが、次の瞬間、トンでもないものを目にしてしまった。それが雪男だ。急いで雪男はすぐに逃げて行ってしまったという。撮影後、フィルムは 調査のため研究機関に提出されたが、カメラの揺れが激しく、正確にこれが何かを断言するのは難しいとのことだ。現場で詳細な調査が必要のようである。ちな みにこの地域では古くから雪男の言い伝えがあるという。


mistery5





4:川を泳ぐ謎の大蛇
インドネシアのボルネオ島で、熱帯雨林を上空から写した写真に、川を悠々と泳ぐ大蛇の姿が撮影された。その姿があまりにも巨大であるために、ある者は「丸 太だ」と言い、またある者は「ボートの航跡」だと言う。合成写真との指摘もあるが、真相は解明されていない。付近の村人たちはこのヘビの存在を信じている そうだ。


mistery4





3. 携帯で撮影した画像に映った曽祖母の顔
2009年8月、アメリカ人の女の子が携帯で撮った写真に、1990年に亡くなったひいおばあちゃんの顔がはっきりと写っていた。写真は画像処理など全くされておらず、オリジナルのものと判明。ひいおばあちゃんの顔がどうして写っているのか、誰も説明ができなかった。


mistery3





2:エルサレム「嘆きの壁」から流れる涙
2002年7月、イスラエル東部のエルサレムの「嘆きの壁」で、壁にある石の上を、涙のように水が流れているのが目撃された。巡礼者たちによると、水はひ とつの石から出ており、10cm×40cm四方の、長方形の痕跡を残していたという。この現象は4日間にわたり、「壁が泣いている」、「メシア到来の予 兆」などと噂された。考古学者たちが調査したところ、どうやら水ではなくて植物の分泌液であることが判明。しかし、他の石には痕跡が見られなかったのはな ぜか、なぜ長方形の痕跡だったのかは、不明だ。


mistery2





1:シンガポールの幽霊船艦隊
英デイリーメールによると、謎の「幽霊船艦隊」が突如シンガポール沖に出現した。その数、米英両海軍の艦艇総数よりも多いとのこと。それらの船には人もい なければ積荷も全くなかった。世界経済危機で倒産した海運業者の船が、野放しにされたのだと言う人もいるが、どこから流れ着いた船なのかは明らかになって いない。


mistery1