225 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:10
これは私がまだ学生だった頃、今から7年前に体験した話です。
いまだにこの記憶は脳に刻み込まれており、風景、言葉、感情等、詳細に至るまで、思い出す事が出来ます。

夏休みを持て余していた私へ、友人Yから『暇だから旅行に行かないか?』との誘いの電話が入った。
暇はあっても金は無い。でも海で10日は遊びたい。
そんな私達が考えついた旅行のプランは、“砂浜で野宿、ママチャリの旅”だった。
つまり、私達が住んでいる東京から、買い物自転車(通称ママチャリ)で千葉の九十九里浜まで行き、
各地の砂浜で野宿しながらひたすら北上。
目指すはリアス式海岸ってな計画だった。
とりあえず電話で持ち物分担を話しあい、どうせ暇だから明日から出発しようという事になった。

自転車旅行

午前11頃、出発。
記念にと、使い捨てカメラにて写真を1枚。
そして、歌舞伎座前など要所要所で写真を撮りながら、東京を脱出したのが午後3時過ぎだった。

急遽決まり、計画も杜撰な旅行だった為か、早速1日目から問題が勃発した。
夜8時頃、千葉県四街道に差し掛かったあたりで道が判らなくなり、Yが用意してきた地図を見たのだが、
何を考えているのか、Yが持ってきた地図は『東京23区マップ』。
もちろん、千葉県の地図など載っておらず、まったくもって役立たず。
あきれ果てたが、Yと付き合ってく上で毎度の事なので、
まぁ人に聞いたり、コンビニで地図を見たりしながら行けば良いかと笑って済ませた。
というか、笑いが止まらなかった。


226 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:12
私達は、私が持参したコンパスを頼りに、ひたすら東に向かった。
コンビニも見つからず、ガソリンスタンドも営業時間を終了しており、道を人に聞くことが出来ずに進んでいた。
不安に思いながらも進んでいると、
青看板の道路表示で、200m先で旧××道にぶつかり右折すると八日市場という所に向かえる、と示していた。
八日市場は大学の友人の実家がある町で、九十九里浜より北上した所に位置する町と知っていた為、
喜び勇んで私達は右折した。

旧××道は上り坂が多く、ママチャリの私達は立ち漕ぎで上らなければ辛い所も多々あった。
時計を見ると9時を過ぎており、私達は体力的にも精神的にも余裕が無くなりつつあった。
判断力が薄れ、Y字があると、看板も見ずに太い道の方を選択するようになっていた。
気付くと車通りは無くなり、両側は林、民家も無く、街灯と街灯の間隔も広がり、明かりが少なくなってきた。
直前のY字からは既に40分以上は走っており、引き返す気もならなかった。
たまに上空を成田へ向かう飛行機が飛んでおり、ジェット音が聞こえる。
その音が不安感を払拭する手伝いを多少していた為かもしれない。


227 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:12
さらに40分ほど走っていると、それまで談笑しながら女の話などをしていたYがマジな顔になり、
「この道やばくないか?なんだか、道が狭くなり出した気がするんだよなぁ」と言いだした。
確かに道路の幅も狭くなり、道の舗装も荒れ始めていた。
「あとさぁ。途中からまったく標識ないよなぁ。おまけに車がまったく通らないのってヤバくねぇ?
 おまけに、長すぎだろう。何で交差点がねぇーんだよ」
私も流石に不思議に思ったが、基本的に気楽に考える性質なので、
「私道に入っちまったか?でも、こんだけ長い一本道が、行き止まりって事も無いだろ?
 それに、こっちの方の道なんて、こんなもんじゃねぇーの?」
と言い返しておいた。
そうするとYが、
「やっぱりこの道おかしいよ。民家もねぇし、静か過ぎるよ。
 飛行機の音って最後いつ聞いた?間隔が開きすぎだろう。
 道路が荒れてるからかも知れないけど、なんだかペダルが重いよな?つーか重すぎねぇか?」
そう言われると、なんだかおかしい気がしてきた。
確かに、よく聞こえていた飛行機の音がしない。
おまけに、平らな道を走っているのに、ペダルが妙に重い。
しかし、それに同意するのも癪に思い、私は、
「両側が林なんだから、民家が無いのも当然だろ。
 もしかすると、うちらが見落としているだけで、民家もあったかも知れないし。
 飛行機だって、この時間は本数が減るんだよ。もう11時過ぎてるしさぁ。
 流石にこんだけ走り続けてりゃー、疲れてペダルも重く感じるよな」
Yは納得がいかないようだったが、「・・・そうだよな」と答えた。
すでにひたすら真っ直ぐの一本道を1時間半以上も走り続けていた。


228 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:13
なんだか場が暗くなり、私も急に不安になってしまったので、とりあえず歌う事にした。
当時の流行歌や、幼少の頃のアニメソング。
Yも流行歌は鼻歌程度だったが、アニメソングの頃には歌い出した。
『ガンダム』を歌う頃には、2人で大声熱唱状態だった。
Yの、自転車を漕ぎながら熱唱する姿が妙に笑えた。
私は走りながらポケットからカメラを取り出し、大口で歌うYの姿を写真に収めた。
そして恥ずかしいのだが、『魔女っ子メグ』を熱唱。
2人で大声で歌いながらペダルを思いっきり漕ぎ、
「シャランラァ~!!」と絶叫しながら坂を登りきった時だった。
20mほど先に、白い服を着た女の人が道の左側を歩いていた。
その女性の後姿は、白い服を着ていた所為か、暗い道にもかかわらずはっきりと見えた。
私は『わっ、今のシャランラァー絶対に聴かれた!恥ずかしーっ!』とまず思った。
私はYに「あそこに人が歩いてるな」と話し掛けると、Yは「えっ?」と言い、
右斜め後方を走っていたYも恥ずかしいと思ったのか、女性と反対側の右側へふらりと寄った。
その女性は、デビュー当時の聖子ちゃんのように内巻のヘアスタイルで、
ふわりとした感じの白いロングスカートに、レースの入った白い長袖のブラウスを着ていた。
私は『おいおい、なんちゅー服のセンスに髪型だ?だれかの結婚式の帰りか?』と思った。
ちょうど女性の脇を通りすぎる時、私はYに「道を聞こうよ」と言うと、
Yは「うっ?!」っと驚いたような、そして困ったような表情で返事をした。


229 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:14
私は即Uターンした。
綺麗な人だったら良いなぁと思いながら、その女性に「海岸に出たいんですが、どう行けば良いですか?」と聞いた。
私の想像通り綺麗な人だった。 可愛いというタイプではなく、綺麗系のタイプだった。
それゆえ私は、
『服装と髪型が似合ってないなぁ。でも、綺麗だぞ。この子と話し込みたいなぁ。
 でも、うちらブサイクだから相手にされねぇーかな?』
なんてな事を思った。
私は下心丸出しで、かなりジロジロと見ていたと思う。
表情が暗いなぁと感じ、『不信人物と思われてる?』とちょっと心配になった。
なかなか返事を返してくれない。
二呼吸ほどの静寂。
彼女は進行方向をゆっくり右手で指差す。
視線の端の方で、Yが一踏み程ペダルを漕いで少し進み、止まるのが見えた。
彼女の口がゆっくり開く。
「・・・突き当たりの・・T字を・・・右に行けば・海に出ます・・・」
蚊の鳴くような細い声で、ゆっくりと、ぽつりぽつり返答が返ってきた。
怖い。話し方が怖い。声が怖い。彼女の口が妙に怖い。
そして、この時やっと私は、彼女がここにいる事に対して不信に思う。
車はまったく通っていない。
民家も無ければ自販機も無い。
彼女は手ぶらだ。
時間は既に11時半頃。
女性が一人で歩いている。


230 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:15
この現状に、何か理由が欲しいと思ったのかもしれない。
彼女は体が透けてないから、お化けや幽霊じゃない。 (私は、幽霊は体が透けて見えるモノ、という先入観がありました)
ゆえに、彼女はレイプされて車から捨てられたんだ、というストーリーを考えた。
しかし、彼女の髪や服装は乱れていない。
そうだ、彼女は彼氏とケンカして、そいつは酷いヤツで彼女を置き去りにした。
道を知っている事を考えると、この先しばらく行った所に彼女の家があるはずだ。
そうだ、きっとそうに違いない。だから落ち込んでいる彼女は暗いんだ。
私は彼女に、とりあえず「大丈夫ですか?」と声を掛けた。
また、すぐに返答が帰ってこない。
振り返ると、Yの自転車がゆっくりと進みだしていた。
彼女の口がまたゆっくりと開く。
「・・・右です。・・・右に行って下さい。・・・右」
その瞬間、
「ひぃぃっ!」
Yの引きつるような声が聞こえた。
そして、急にYの自転車が加速した。


231 :ガッツ☆いちもつ:03/03/02 22:15
私は慌てて彼女に大声で礼を言い、全力で走るYを追いかけた。
ふと、後ろが気になり振り返った。
50m程後方にいる彼女は、微笑んでいるように見えた。
私はなぜか彼女の微笑みを見て安心し、心を落ち着かせる事ができた。
私は『ありがとう』の意味を込め、彼女に大きく手を振った。

Yは遥か前方を走っていた。
きっとYは彼女を幽霊だと思い込んでいるんだと思うと、Yの肝の小ささに笑えてきた。
Yの臆病さを馬鹿にしてやろうと全力で追いかけたが、なかなか差が縮まらない。
10分ほど走ると、Yはスピードを落としたのか、もう少しで追いつけそうになった。
Yの前方を見ると、彼女が言っていたT字路が見えた。
T字は、右が下り坂で、左は上り坂だった。
正面に看板があり、左に曲がるとゴルフ場があるようだ。
3mほど前方を走るYに、私は「そこを右だぞ!右!!」と声を掛けると、
Yは振り向かずに、「あぁ、そっちがいい。右だ!右にしよう!」と答えた。
私はYのおかしな返答に疑問を持った。
確かに彼女は『T字を右』と言っていたはずだ。
声は小さかったが、あの音の無い場所では、Yにも彼女の声がちゃんと聞こえていたはずだ.

「『自転車旅行』2/2」に続く