412 :カメラマン:02/11/20 16:18
もう4年くらい経つのかな・・・
当時、親友(以下A)には、大学で知り合った○恵ちゃんという彼女がいました。
私達と2人はよくつるんでいて、どこに行くにもほとんど4人で1セットという関係でした。
話は4年前の、こんな寒い季節の夜でした・・・


413 :カメラマン:02/11/20 16:19
その日、Aは深夜までのレンタルビデオ(某ウ○アハウス)のバイトを終え、
自宅に戻ったのは夜中の2時頃だったと言います。
週末のせいかいつも以上に忙しかったので、帰宅するとそのまま寝入ってしまったそうです。

彼女からの電話

暫くしてから、不意に着メロが流れたそうです。
携帯を取ると○恵ちゃんから・・・
「なんだよ こんな時間に」と、時間も時間だけに不機嫌そうにAが言うと、
いつもは明るく答えるはずの○恵ちゃんが、その時は明らかに何かが違う様子だったそうです。
『まだ、起きてたんだ。ごめんね』
彼女の最初の返事はこれだったのですが、何か電波状態の悪いところにいるみたいで、
時折『ジー』とか『シャー』とかいう音が、語尾に混ざっていたそうです。
「どこにいるんだ?」と親友が尋ねると、
『前に言ってあったけど、今日は田舎から友達が出てきてるから、みんなで深夜のドライブ中』と、彼女は答えたそうです。


415 :カメラマン:02/11/20 16:19
親友は「そういえば、そんな事いっていたなぁ」と、その事を思い出したので、
「あんまり、夜遊びしないで帰ってこいよ。電波悪いなぁ、高速からか?」
と、眠気もあったので、早めに電話を切ろうとしたそうです。
だけど、なぜかその日は彼女がなかなか電話を切ろうとせずに、
しまいには『就職するならここがいい』とか、『○○くんは胃が弱いんだから食べ過ぎるな』とか、
どうでもいいことをひたすらしゃべっていたそうです。
親友が「どうした?なんかあったのか?」と聞くと、最初は○美ちゃん黙っていたのですが、
なぜか涙声で『ごめんね。ごめんね。なんでもないの。ごめんね』と繰り返したそうです。
Aも気になったそうですが眠気には勝てず、明日会う約束だけをして電話を切ったそうです。

次の早朝でした。Aが○恵ちゃんのお母さんからの電話で起こされたのは・・・
首○高速湾岸線から四○木方面に向かう分離帯で、
○恵ちゃんの乗った車がハンドル操作を誤って、分離帯に激突するという事故を起したのでした。
高速隊の人の話では、乗っていた4人は全員車外に放り出され、ほぼ即死状態だったそうです。
○恵ちゃんも近くの病院に搬送されたそうですが、途中で亡くなったそうです。


416 :カメラマン:02/11/20 16:20
Aがお昼過ぎに○恵ちゃんの自宅に行くと、憔悴しきった顔のお母さんがいきなりAに泣き付いて、
「ごめんね○○くん。もう○恵とは会えないの。ごめんね」と繰り返したそうです。
その時なぜか、昨日の○恵ちゃんの『ごめんね』を繰り返していた電話を思い出したそうです。

そして、落ち着いた頃に、あるものを手渡されたそうです。
それは○恵ちゃんの持っていた壊れた携帯でした。
おかあさんの話では、搬送先の病院で右手にしっかりとストラップが絡まっていたそうです。
ただ、搬送された時間をお母さんに聞いて、Aはふと疑問を感じたそうです。
搬送先の病院に着いた時間が、“午前2時35分”だったそうです。
しかし、その時間は確かにAが電話で話をしていた時間だったので、
理由をお母さんに説明し、○恵ちゃんの履歴を調べようということになりました。
・・・確かに履歴は、2時35分を過ぎてからも通話中だったそうです。

Aは今でもこの話を思い出すと、「あの時、電話を切らなければ・・・」と、電話を切ったことを悔やむそうです。