441 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/14 17:20
婆さんが座敷童子に会った、ってネタを書こうと思ったが、どうも上手く行かない。
実話だと思われる話の方が、案外怖くないモンじゃないかなぁ。

祖母は、座敷童子には陰が無かったと言う。
覗き込んできたその顔は、白粉が塗られたように真白く、一面ひび割れていて、眼は真っ黒な穴だったそうだ。
その後、祖母の家は没落した。

座敷童子

460 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:02/10/14 23:27
>441
こわいよ。
座敷藁氏じゃないんじゃ・・・・。(T△T)


462 :441 :02/10/14 23:49
>>460
座敷童子は家に憑くそうだが、
それは家系としての家か、それともその家自体なのか、どっちなのだろう?
当時、没落士族の屋形を買い上げて住んでいたそうだが、何か因縁のある家だったのかも。

その他、この世代の人恒例の「戦争に行った弟がある日玄関の前に立って……」ってネタも聞いた。
その話を聞いてて気付いたんだけど、何故かその手の話では、みんな南方で死んだ人の話ばかりなんだよね。
中国戦線で死んだ人やシベリアで抑留されていた人が、虫の知らせを告げたり、夢枕に立ったって話は聞いた事がない。

後は『赤い土蔵』って話を聞いた程度。でもこれはオカルトネタじゃなかった。

関連話:『ワラシッコ』 『座敷わらし?』 『誰かの気配とか足音